風邪の予防とアラキドン酸

アラキドン酸は人間にとってとても必要なものです。
脳の働きを良くすることが有名ですが、免疫力を向上することもできます。
免疫力が上がると良いことにどのようなことがあるのでしょうか。
免疫力が上がると言うことは体が強くなると言うことと同じことです。
季節ごとに風邪をひいたり、毎年インフルエンザにかかったり、年中疲れが取れなかったりする人もいます。
このような人は免疫力が低い人が多いです。
免疫力が上がればウィルスに強い体になるので病気に掛かりにくくなりますし、疲れにくくなります。
もしも病気に掛かったとしても、免疫力が高ければ治りも早いです。

一般的に免疫力http://www.asgardentertainment.com/mennekiryoku.htmlは20代から30代がピークでそこからはどんどん低下していきます。
そのため、年齢が上がるほど病気のかかりやすさや疲れやすさが現れるはずですが、年をとっても元気な人もいるものです。
これが免疫力の高さの違いです。
免疫力は年齢が上がるにつれ低下しますが、それ以上に食事や睡眠、心理状態も影響します。
若いからといって夜更かししたり食生活が乱れたりすると免疫力が下がってしまいます。
また、心理状況も免疫力に影響します。
そのため仕事や人間関係でストレスを多く抱えていると免疫力は下がります。

免疫力を上げたいと思ってもこれは薬ですぐに改善できるものではありません。
日々の積み重ねが大切なのです。
仕事や人間関係を変えることは難しいものです。
ですから、すぐにできることとして食生活を変えることがおすすめです。
アラキドン酸を摂取目標である1グラム摂ること自体はさほど難しいことではありません。
肉や魚、卵に含まれるため洋食を食べる頻度が高い現代人は無意識のうちに摂れていると言われています。
ただし、アラキドン酸さえ取ればよいのわけではありません。
やはり、バランスのとれた食事や規則正しく三食食べることも必要です。
難しいと感じる人も多いでしょうが、意識しておけば少しずつは改善しますから長期計画で行ってみましょう。